プロフィール

桂 雀々 profile

昭和35年8月9日、大阪市住吉区出身。本名、松本貢一(まつもと こういち)。

小学生時代はテレビの視聴率参加番組の常連となり人気者に。中学生時代はテレビ番組のコーナーに登場して勝ち抜き、チャンピオンに輝く。

昭和52年、上方落語の桂 枝雀に入門。同年10月に桂 枝雀独演会にて初舞台を踏む。平成19年、「桂 雀々独演会 雀々十八番」をシアターBRAVAにて6日間開催。全公演完売の大成功を収める。平成22年、「五十歳五十箇所地獄めぐり」を開始、全国を行脚。

そして、芸歴35周年を迎えた2011年。拠点を東京に移し、独演会は毎回完売。さらに、落語以外でもTV、映画、舞台でなど多方面で活躍中。2017年にはドラマ「陸王」で嫌味な銀行支店長を演じ、話題に。上方お笑い大賞最優秀技能賞(平成14年)、大阪府舞台芸術賞奨励賞(平成18年)など受賞歴も多数。著書に「必死のパッチ」(幻冬舎)あり。2013年、BS12にて冠番組「桂 雀々の大判小判がじゃくじゃく」がレギュラー放送。2014年にはソニー「来福レーベル」より新DVD「桂 雀々ええやん」が4巻同時発売となる。

2016年、芸暦四十周年を迎え、東京、名古屋、博多、大阪、京都など全国で記念公演を巡業。皮切りになる東京公演では明石家さんまに加え、サプライズの桑田佳祐が出演し、メディアでも大きくとりあげられた。弟子に俳優の伊原剛志(雀々や剛々)がいる。

出囃子:鍛冶屋

≪映画・TVドラマ・舞台≫ ※役者としての活動
1987年 NHK連続テレビ小説「はっさい先生」(TVドラマ)
2006年 小林聖太郎監督作品「かぞくのひけつ」(映画)
     ※この作品で2007年「おおさかシネマフェスティバル」
      大阪映画祭新人賞受賞
2008年 三原光尋監督作品「しあわせのかおり」(映画)
2011年 井筒和幸監督作品「黄金を抱いて翔べ」(映画)
2011年 八月納涼公演「好色一代男」(映画)
2011年 立川談志追悼舞台「談志のおもちゃ箱」(舞台)
2016年 テレビ東京「やっさん」(TVドラマ)
2017年 矢口史靖監督作品「サバイバルファミリー」(映画)
2017年  TBS系日曜劇場「陸王」 埼玉中央銀行支店長役 (TVドラマ)
2018年  武正晴監督作品「嘘八百」 (映画)
2018年 NHKスーパープレミアム スペシャルドラマ
            「遥かなる山の呼び声」(TVドラマ)
2019年 樋口尚文監督作品「葬式の名人」 公開予定(映画)

≪その他≫
2018年10月より東京新聞「笑う門には福来る」にてコラム連載スタート